十干 乙(きのと)の人の性質

 


十干で特徴や性格がわかりますので、わかりやすく解説していきたいと思います!

 

▶︎十干とは?

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の10種類あります。

五行の木・火・土・金・水(もっかどごんすい)と

陰と陽に分かれています。

 

五行

 

四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)にそれぞれ十干はありますが、

自分自身を表す日柱の十干をみていきましょう。

 

 

それでは一つ一つ解説していきたいと思います!

 

 

f:id:uranai-yakuzen:20200326161703j:plain

▶︎乙(きのと)をもつ人の特徴

甲(きのえ)が「樹木」を表しているのに対し

乙(きのと)は「草花」のイメージです。

野に咲く草花のように、横へ横へと大地に広がっていく性質を持っています。

 

 

▶︎柔軟性があります

 野に咲く草花は、見た目は可愛らしくても

生命を絶たれぬよう、どんな状況でも力強く咲こうとします。

それは、どんな状況でも対応できる柔軟性を表しています。

自然にしていて人を惹きつける魅力があり

環境に適応しやすいタイプです。

 

  

▶︎強い精神力

野の花が踏まれても踏まれても枯れずに

しっかり大地に根を張って、芽を出そうとするように、

乙の人はどんな困難なことがあっても乗り越えられるような

忍耐力・精神力があります。

失敗しても立ち直りが早く、

ひ弱そうに見えても頑張り屋さんです。

 

 

 ▶︎目立つことは苦手?!

横へ横へと広がっていく乙(きのと)の人は、周囲と穏やかに調和しますが

目立つことは苦手だと感じているかもしれません。

ゆえに内向的で引っ込み思案になることや

時には自分を出さずに、妥協してしまうこともあります。

依頼心が強く出てしまうこともあります。

 

可憐に見えて、実はたくましい精神が備わっている乙の人は、

感受性も豊かで、芸術分野でのセンスもあります。

意識して積極的な自己主張をして

美しい花を咲かせる環境選びがポイントとなるでしょう。

 

▶︎弱りやすい臓器・かかりやすい病気

木に属する甲・乙の人は、

・肝臓・胆嚢が弱りやすい

・ストレスの影響を受けやすい

・目の病気

・神経症、不眠症

これらの病気に注意が必要となります。

ただし、これらはあくまでも日干のみからの判断となります。

四柱推命学で命式を出し、全体のバランスを見ることで

より詳しくあなたの身体的弱点もわかります。

自分の身体のバランスを知りたい!

対策方法を知りたい!

という方は、鑑定にお越しください。

詳しくお話しさせて頂きますね。