十二運 冠帯(かんたい)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

f:id:uranai-yakuzen:20200415110204j:plain

▶︎冠帯(かんたい)の特徴

 

 【協調型】 【エネルギー:やや強】

 

冠帯の人は社交性があり、自我を通さないで協調していくことを好みます。

社会人として恥ずかしくない人でありたいと思っています。

  

 流行に敏感ですので、時代の読み取りも得意です。

センスが良い人が多く、大衆受けします。

また世間の動きや変化にも敏感で常識的な傾向にあります。

みんなに好かれたいという気持ちもあるでしょう。

 

他者に対して恥をかかせるようなことは嫌います。

自分に対しても恥をかくこと、プライドを傷つけられることを嫌がります。

プライドは高い人といえます。

また、向上心や独立心が旺盛ですので、中心的な人物になりたいと願います。

表舞台に立っていることを好みますので、裏方仕事は性に合わないでしょう。

気持ちが外に向かう傾向にありますので、他者には優しいのですが

家庭にはあまり気を使わないかもしれません。

 

 

▶︎冠帯の人の適性

流行に敏感という特性を生かした仕事、時代感覚を必要とする分野に

才能を発揮します。マスコミ関係、アパレル関係、芸能関係など

大衆を相手にする仕事など向いています。

コミュニケーションやチームワークが必要となる部門も向いています。

人が必要としてくれているところで働きたい、と思う人です。

 

 

▶︎冠帯の人へ養生アドバイス

・世間体を気にしすぎると弱ってしまいます。

・恥をかかされたと思い込むと激しく怒るので、怒りで弱ってしまいます。

・やりがいを感じる仕事・立場をを得ることで、ストレスが激減します。

 

 心が弱ってしまうと、身体も弱ってしまいます。

向上心旺盛ですので、熱中できるものが見つかると心が安定してきます!