十二運 墓(ぼ)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

f:id:uranai-yakuzen:20200420142838j:plain

▶︎墓(ぼ)の特徴

 

 【観察型】 【エネルギー:普通】

  

墓の人は仲間意識が強く、人類は全て仲間であると考えます。

どんな人でも、決して孤立した存在ではないと考えますし

自分も調和のとれた人でありたいと考えます。

 

観察する力は抜群で、社会情勢を的確に判断したり

周囲の状況も的確に捉える力があります。

情報収集が得意であり、「信用できる人かどうかを見極める」

といったような相手を見抜く力もありますので目利きといえます。

 

自分の意見は主張せず、相手の話を聞くのが得意。

いわゆる聞き上手であり、気さくに相手に合わせています。

何か決断する場面では、一人ですることはなく

周囲の信用できる人の意見を参考にするところがあります。

 

蓄財能力も抜群で、余計な出費は控えようとします。

しっかり貯める人なので

他者からは、ケチと思われてしまうことも。

 

 

▶︎墓の人の適性 

現実的な計画を立てるのが得意で、客観的な見方ができるので

事業経営に向いています。

 また、研究心も旺盛なので分析部門、

蓄財心を活かした財務部門も良いでしょう。

チームワークが必要とする仕事も能力を発揮できるでしょう。

 

▶︎墓の人へ養生アドバイス

・自分のやりたいことや意見を押し殺し、相手に合わせすぎているとストレスを感じます。

・経済状態が悪いと不安を感じてしまいます。