十二運 帝旺(ていおう)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

 

f:id:uranai-yakuzen:20200417083751j:plain

 

▶︎帝旺(ていおう)の特徴

 

 【自信型】 【エネルギー:最強】

 

帝旺の人は、仕事が盛んな状態のイメージです。

周囲を統率するリーダー。

 

帝旺の人は「自由・平和・平等・博愛主義」を大事にする人です。

人は全て平等であり、他者にできることが自分にできないわけがない、と考え

自由な発想で自信を持って積極的に生きる人です。

 

楽天的な部分があり

根拠がなくても「何とかなるさ」と思う傾向にあります。

どのような変化でもうまく適応する才能があるので

粘りに粘って目的を達成します。

 

「人は平等である」という発想から、

誰に対しても公平に平等な付き合い方をします。

地位や身分を気にすることはせず、

気楽に交際することができます。

 

義理人情が厚いため

相手の立場を考えすぎて決断が鈍ることがあったり

油断しやすいといったこともあるでしょう。

 

▶︎帝旺の人の適性

棟梁運があるので会社のトップになりやすいでしょう。

どんな分野でもうまくこなすことができますが、

知的レベルの高い部門が向いているでしょう。 

 

▶︎帝旺の人へ養生アドバイス

・体力の限界を考えずに動いてしまう傾向があるので、限界に達する前に休息を

取りましょう。

・他者への警戒心が薄いので、同情心を掻き立てられると油断してしまい

利用されるだけということも。

・不意な出来事が起こると神経質になりやすく、精神不安定になります。