十二運 沐浴(もくよく)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

f:id:uranai-yakuzen:20200414094926j:plain

 

▶︎沐浴(もくよく)の特徴

 

 【目的型】 【エネルギー:普通】

 

沐浴の人は、目的を持つことを大事にする人。

これぞと思うものを見つけたら、ただ考えるだけでなく

実現するために全力投球します。

夢は実現させるためにあると考えます。

 

また沐浴の人は「一を聞いて十を知る」タイプで、飲み込みが早く

推理能力があり数字に強いという特徴があります。

理論的で、白黒つけたがる傾向があります。

たとえ失敗してもクヨクヨしない性格です。

 

さっぱりとした性格ですが、面倒見は良いので好かれることも多いです。

意外と単独行動はせず、周囲にいる協力者をまとめて行動するタイプです。

 

逆境には強く、理論で攻撃するところがありますが

実は防御に弱いところがあります。

目的が決まっていない場合は、迷ったり悩んだりしやすいでしょう。

 

▶︎沐浴の人の適性

 仕事もやる意味が見出せないと、やりたくないと思ってしまいます。

しっかりとした目的のある専門分野が適職といえます。

感覚よりも、理論や理屈を重んじるので

企画・予測・分析関係も得意でしょう。

フットワークも軽いので、営業職も向いています。

プライベートと仕事が一緒でも大丈夫!という傾向もあります。 

 

 

 ▶︎沐浴の人への養生アドバイス

・目的が決まらない状況が続いてしまうと、悩み弱ります。

・自分の行きすぎた言動に後悔して落ち込むことがあります。

・「あんなことしなければよかった」「言わなければ良かった」と

 後悔しがち。

・怒りすぎてケンカを引き起こし、弱ることがあります。

 

心が弱ってしまうと、身体も弱ってしまいます。

攻撃的にならず過ごせると沐浴さんは心が安定してきますよ!