十二運 病(びょう)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

f:id:uranai-yakuzen:20200420140953j:plain

 

▶︎病(びょう)の特徴

 

 【感情型】 【エネルギー:弱】

 

病の人は感受性が非常に強く、繊細で知性や品性が高い人です。

理想の現実に向かって努力して生きていこうとする人です。

何をするにもきちんと準備をして取り組みます。

 

社会の裏の部分にも敏感で

何事も裏を知ると、間違いのないよう用心第一で生きるようになります。

ゆえに、欠点を見抜くのも上手いという特徴があります。

 

交渉事は上手いですし、駆け引きが上手いので、商売上手と言えるでしょう。

けじめを大事にするところがあるので、支払いなどもきっちりきれいにします。

  

非常にデリケートな部分がありますので

不潔なものは苦手。

他者に対してもけじめをしっかり持っていますし、

人間関係でドロドロしたような状態になっていると

人一倍ストレスを感じでしまいます。

 

芸術関係もセンスがありますし

趣味も良く、風流心があります。

  

▶︎病の人の適性

感性を生かした芸術や芸能、演出関係は実力を発揮できるでしょう。

周囲の意見をうまくまとめて、自分の意見として作り変えていく才能がありますので、営業や外交なども向いています。

 

▶︎病の人へ養生アドバイス

・気分に左右されやすく、人間関係が自分と合わないと感じると弱ってしまします。

・神経過敏になりすぎる傾向がありますので、うまくストレス解消していくことが

 大切です。

・取り越し苦労をしやすく、心配しすぎてお腹を壊す傾向があります。