十干 癸(みずのと)の人の性質

十干で特徴や性格がわかりますので、わかりやすく解説していきたいと思います!

 

▶︎十干とは?

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の10種類あります。

五行の木・火・土・金・水(もっかどごんすい)と

陰と陽に分かれています。

 

五行

 

四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)にそれぞれ十干はありますが、

自分自身を表す日柱の十干をみていきましょう。

 

それでは一つ一つ解説していきたいと思います!

f:id:uranai-yakuzen:20200328172849j:plain


 

 

▶︎癸(みずのと)をもつ人の特徴

 壬が海のイメージに対して、癸(みずのと)の人は

「雨」「露」のイメージです。

さまざまなものをぐんぐんと伸びやかにさせる

慈愛の雨といった印象です。

 

▶︎奉仕の精神

雨は万物のものに潤いを与えます。

ゆえに癸の人は、人々を癒し寛容であります。

自己主張はあまり強くなく、謙虚で忍耐力があります。

 

▶︎コツコツと努力型

癸の人は一見大人しく見えたり、軟弱そうに見えたりしますが

内面はかなりの実力を持っています。

頭の回転も早く、勤勉でコツコツと努力するタイプと言えます。

 

 

▶︎自己防衛本能が働く

雨露はいつかは消える形のないものです。

ゆえに自己防衛本能が強く慎重派です。

勢いで物事を判断することは少ないでしょう。

 

 

▶︎気が変わりやすい

水はどんな形にも姿を変えられるように

状況に合わせて対応できる柔軟性があるのですが、

気が変わりやすい面があります。

本質はやや短気な部分もありますので、

突然厳しい態度をとることもあります。

 

 

癸の人は興味のあるものが幅広く

芸術性にも優れており、自分の世界を持っています。

精神世界を大切にする傾向があります。

 

 

▶︎弱りやすい臓器・かかりやすい病気

水に属する壬・癸の人は 

・腎臓・膀胱

・泌尿器系

・耳鳴り・難聴

・骨がもろくなる

・ホルモン失調

これらの病気に注意が必要となります。

ただし、これらはあくまでも日干のみからの判断となります。

命式全体で鑑定することで、より詳しくあなたの身体的弱点もわかります。

「自分の身体のバランスを知りたい!」

「対策方法を知りたい!」

という方は、鑑定にお越しください。

詳しくお話しさせて頂きます。