十二運 絶(ぜつ)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

f:id:uranai-yakuzen:20200420143017j:plain

 

▶︎絶(ぜつ)の特徴

 

 【感覚型】 【エネルギー:最弱】

  

絶の人は「生命が霊魂となる」のイメージです。

 

絶の人は、 直感力に優れていて自分の感覚を大事にする人です。

瞬間的に判断し、それを実行に移すのも早いです。

理論的に考えるよりは、まずは行動するといったところがあります。

 

自由に飛び回っていたい、という自由を愛するのが特徴です。

他者からの干渉は受けたくないと願います。

 

「後先考えずに、今この瞬間を充実させて生きよう」と考えることもあり

大それたこと、衝動的な行動をとることがあります。

言ってはいけないようなことを口に出してしまったり、

秘密を守れなかったりして誤解を招くこともあります。

 

精神的にも身体的にもスタミナはそれほどありません。

ゆえに、連続して行う仕事よりも

不連続な仕事や、変化に富んだ仕事をする方が向いています。

 

 

▶︎絶の人の適性

芸術感覚が優れているので、芸術系、ファッション関係、イベント関係は能力を発揮します。

話術を活かした、芸能関係、営業も向いています。 

 

▶︎絶の人へ養生アドバイス

・他者から束縛されると弱ります。

・自分の行動を拘束されると弱ってしまいます。

 ・傷つくことがあると精神面が極端に弱くなります。