十干 辛(かのと)の人の性質

十干で特徴や性格がわかりますので、わかりやすく解説していきたいと思います!

 

▶︎十干とは?

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の10種類あります。

五行の木・火・土・金・水(もっかどごんすい)と

陰と陽に分かれています。

 

五行

 

四柱(年柱・月柱・日柱・時柱)にそれぞれ十干はありますが、

自分自身を表す日柱の十干をみていきましょう。

 

 

それでは一つ一つ解説していきたいと思います!

 

 

f:id:uranai-yakuzen:20200328172210j:plain

▶︎辛(かのと)をもつ人の特徴

辛(かのと)の人は「宝石」

貴金属 のイメージです。

 宝石は貴重なものとされ

大切に扱われるので、生まれながらにして大切にされる存在です。

 

▶︎美意識が高い

宝石は美しいものです。辛の人は、常に美しくありたいという意識も高く

また謙虚で優雅な面もあるので、気品を感じさせる人が多いのです。

キラリと輝きたいという意識があり

また、宝石は貴重なものがゆえに「自分は特別な存在」と思われたいのです。

 

 

▶︎強く揺るぎない価値観

宝石は美しいものですが、磨く前は固い石。

譲らないところは絶対に譲りません。

また、宝石が傷つくことを嫌うように

辛の人はデリケートで感受性も豊か。

神経質になって慎重になりすぎる面もあります。

 

▶︎気苦労が多い

宝石は、研磨されて美しさが引き出されます。

ゆえに厳しい環境に身多いたり、何かと気苦労が多かったり・・・と

他の十干に比べて試練が少し多いような傾向があります。

しかし、この試練を乗り越えることで、自分の才能の開花させるのが辛の人。

試練が多い環境に身を置くことが、開運とも言えます。

 

 

▶︎弱りやすい臓器・かかりやすい病気

金に属する庚・辛の人は、

・肺や大腸が弱りやすい

・呼吸器系・気管支喘息、

・乾燥肌やアトピー、

・鼻炎や花粉症などのアレルギー性疾患

これらの病気に注意が必要となります。

ただし、これらはあくまでも日干のみからの判断となります。

四柱推命学で命式を出し、全体のバランスを見ることで

より詳しくあなたの身体的弱点もわかります。

自分の身体のバランスを知りたい!

対策方法を知りたい!

という方は、鑑定にお越しください。

詳しくお話しさせて頂きますね。