十二運 長生(ちょうせい)の人の性格分析

▶︎十二運とは?

十二運はその名の通り12個あり

「胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝王・衰・病・死・墓・絶」と表されます。

「病」「死」などちょっと怖い文字もありますが

「病」だから「病気になりやすい」

「死」だから「早死にする」ということではありませんのでご安心ください^^

 

これらの文字は人間の一生を表しています。

胎児となって母体に入るところから、あの世に還るという流れを

12個に分けてそれぞれの漢字で表しています。

 

胎(たい)

母体に入る

養(よう)

養われている

長生(ちょうせい)

生まれる

沐浴(もくよく)

産湯につかる

冠帯(かんたい)

一人前になる

建禄(けんろく)

仕事を始める

帝旺(ていおう)

仕事が盛んな状態

衰(すい)

衰える

病(びょう)

病気になる

死(し)

死ぬ

墓(ぼ)

お墓に入る

絶(ぜつ)

絶える

 

十二運でご自身の性格の現れ方、運勢エネルギーがわかりますので

解説していきたいと思います!

 

f:id:uranai-yakuzen:20200414094030j:plain

 

▶︎長生(ちょうせい)の特徴

 

 【現実型】 【エネルギー:普通】

 

長生の人は過去でもなく、未来でもなく、特に現在のことを考えています。

過去や未来でなく、今が大切です。

 

解決能力の才能が抜群です。

今起きている問題にどのように対処し、どのように解決していけばよいのか

合理的な考え方のできる人です。

発展や拡大の策を考えるのが得意ですし、

周囲を活用するのが上手く

組織の人事に関することも巧みです。

同僚との競争意識は強い傾向があります。

 

人付き合いが良く話術もあり、すぐに誰とでも仲良くなれる社交性があります。

お世辞なども上手く、

広く浅く人と付き合う傾向があります。

自分の内面はすぐには見せません。

よほど親しくなった人にしか自分を出さないでしょう。

 

健康に気をつける人が多いのも特徴です。

調子が悪い時はきちんと休息を取りますし、

栄養面にも気を配ります。

 

▶︎長生の人の適性

社交的なので、営業部門は適職と言えます。

また自分の部下や後輩、目下の人には暖かく接しますので研修部門や

臨機応変さを必要とする秘書・広報などもよいでしょう。

会社のトップに立つよりも、No.2の立場で

自由な発言ができる環境が向いています。

 

 

▶︎長生の人への養生アドバイス

・トップの立場に立つより、No.2の立場の方が向いています。

 トップに立ってしまうと、過度なストレスを感じてしまいます。

・「今」を大事にして、「目の前の世界」に集中しましょう。

 

 

心が弱ってしまうと、身体も弱ってしまいます。

「今」を大事に過ごしてみてくださいね^^