薬膳茶シリーズ 玉竹と五味子で慢性の咳を鎮める!

こんにちは。

薬膳茶の中でも咳に効くお茶をご紹介したいと思います。

咳に効果のある薬膳茶はいくつかありますが、

今回は玉竹(ぎょくちく)、五味子(ごみし)、生姜(しょうが)をブレンドした

お茶のお話をしたいと思います!

 

▶︎玉竹に期待できる効能

玉竹はユリ科の「アマドコロ」という植物の根茎を採取し、

ひげ根を除いて水洗いをして日干しにします。

古くから滋養強壮・体力回復の生薬として使われていました。

 

玉竹の印象は、土っぽい香りでごぼうみたい。

根っこですので、ね。

平性もしくは微寒性で、肺と胃に通じます。

期待できる効能は

肺胃陰傷による空咳・少量の咳・のどの痛み・口渇・食欲不振など

 

お茶以外にも、お粥やスープに使用できます。

炒め料理や天ぷらにする場合には、常温の水で柔らくなるまで戻してから使用します。

 

f:id:uranai-yakuzen:20200405164435j:plain

(右が玉竹、左が五味子)
 

▶︎五味子に期待できる効能

五味子は五つの味と書いて五味子。果実の部分を乾燥させています。

五つの味、酸っぱい味、苦い味、甘い味、辛い味、塩辛い味を持っているからと

言われています。

実際、飲んでみると酸味が強く感じられます。

 

五味子は温性で、肺、心、腎に通じます。

期待できる効能は

肺虚や肺腎不足による慢性の咳、喘息、のどの乾き、気温に関係なくかく汗、

動悸、不眠、慢性の下痢などです。

 

韓国では五味子=オミジャといいます。

お砂糖や蜂蜜を入れて甘みを足して飲んだり、

オミジャゼリーやオミジャアイスなどデザートにもなって商品として売っています。

甘酸っぱくて美味しいです。

 

▶︎玉竹&五味子茶の作り方

玉竹と五味子だけでも美味しくできますが、

私は生姜もプラスして体を温める効果を増やしてみました。

玉竹・五味子で肺を潤し

さらに五味子はビタミンCやビタミンEも含まれていとのことなので

美肌効果も期待できます。

 

玉竹・・・10グラム

五味子・・10グラム

生姜・・・6グラム

水・・・・500ml

玉竹と五味子水を鍋に入れ、30分間おきます。

(鍋は土瓶かホーロー鍋を使用します。)

火にかけて、沸騰したら生姜を入れ30分間煎じて濾します。 

 

f:id:uranai-yakuzen:20200405174938j:plain

 

綺麗なピンク色の薬膳茶の出来上がり〜。

お好みで蜂蜜を加えても美味しく頂けます。

色もかわいいので目でも楽しめるお茶です!